不倫したい男女が集まっているSNSを使うのが常套手段

SNSを通して出会った人妻がセフレに
セフレが欲しくて先日SNSを利用してみたところ、年上で人妻のセフレが出来てしまいました。
彼女には単身赴任中の夫がいるのですが、連絡もあまりとっておらず距離も心も離れて夫婦関係が冷めきっているそうで、SNSを利用して女性としての自信を取り戻したいと言っていました。
俺は彼女とSNSで仲良くなってから「俺とセフレにならないか」と言ってみたところ「とりあえず、会ってみようかな」という事だったので、即会う約束をしました。
約束の当日、俺の家のそばの駅まで来てくれるという事だったので、駅まで迎えに行きました。
白いブラウスに、紺色のスカート、まとめてアップにされた髪、色白の素肌、とても素敵な女性でした。
俺は彼女を家に上げました。
ソファに腰を掛けて、最初はお茶でも飲みながら世間話をして過ごしました。
「隣に行ってもいい?」と聞くと「どうぞ」というので隣に座って、そっと彼女の手を握りました。
彼女は嫌がる素振りを見せなかったので、手の甲にキスをしました。
少し赤くなった彼女の頬に俺はそっと手を当てて、そのまま顎のほうへ指を滑らせ顔をくいっとあげて口づけをしました。
彼女はちっとも嫌がりませんでした。
口づけは段々とディープになっていきました。
俺は彼女を抱えてベッドへと倒れ込み洋服を脱がせました。
黒い下着が凄くセクシーで、耳元で「綺麗だね」と言うと嬉しそうに微笑みました。
ブラのホックを外して、パンツを脱がせ、おっぱいを両手でぎゅっと掴みました。

乳首を舐めると可愛く喘いで、しばらくはおっぱいを堪能させてもらいました。
彼女の体全体にキスをした後はクンニをして、その後は俺も来ているものを脱いでフェラをしてもらいました。
ある程度大きくなったら彼女に挿入しました。
彼女の奥の方を突くたびに香水の香りがふわっと広がって、より一層色気を増していました。
彼女のクリを弄る手をふっと止めると「嫌だ、止めないで・・・」ともっと触るよう要求してきました。
弄りまくりながら更に突いていると、だんだんと愛液が溢れ出てきて、びちょびちょと音がたつくらいでした。
気持ちよがる彼女を今度は下から突き上げていると、キュッと締め付けられて、更に突き上げまくった結果、イッてしまいました。
セックスが終わって彼女は「こんなに気持ちいいセックスは久しぶり」と恥ずかしそうに言いました。
そんな関係があれから数か月続いており、彼女とのセックスだけが今の自分の楽しみになりつつあります。
【岐阜県|20代|男性|会社員】

現在クチコミNO1


ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>



TOP ランキングへ戻る >>人妻SNSなら近所で欲求不満の主婦と割り切った関係になれる